干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

2024-01-01から1年間の記事一覧

精神性の一端

現在、先生から直接教えていただいた方は減っていると思います。 ですからはっきりした形で教えを知れるのは、先生の本だけでしょう。 あの、質と量と高さを伝承する人間はおりませんので。 先生の御生前には、勉強会だけでなく、参拝旅行や滝行などにも連れ…

危険な話とそうでない話

よく先生はこの世界を「危険な仕事」と話されていました。 それは私たちのではなくて、先生がなさる仕事だからこそ、そう表現されたことは理解できます。 講義で話されておられますときも、危険な話をするときには、時々話を止められておられました。 そうい…

勉強は苦しい

易にしても何にしても、勉強は苦しいものです。 多くの人は、その技術を習得するのが苦しいと感じるのでしょう。 またある人は、それを専門的に知る先生と出会うのが難しい、苦しいと感じるでしょう。 また、科学的でない占いを信じることが苦しいと感じる人…

三合の強さ

三合は、十二支でいう所のものです。 三合になっている姿は、ちょうど鼎のように安定している姿です。 ですから運が強いという見方をします。 もちろん、他の要素も含めて見ますと、完全に運がいいとういわけではなく、二十代で他界される人もいます。 とは…

いろいろ考えると

今日は時の記念日です。 時間は有効に使いたいものですが、はかどらない仕事もあります。 この世界でその一番のものが、考える時間でしょう。 物事を考える時間というのは、何か今までできていたものを、発展させるというのでしたら、それほどかかるものでは…

芽が出ていた

種をまいてから眼が出るのには、時間がかかります。 しかし、それほどかからずに結果を出している事例がありました。 もうずいぶん前に、干支九星のことをまとまって、地元の少人数の人にお話したことがあります。 二、三回聞いただけでは難しいだろうなとも…

再実行の注意点

開運していただくために、これをしてくださいというお話をして、うまくいくと、同じことを再度なさろうとする人がいます。 しかしそれは、易者が判断してよいと思った場合にみにあてはまるのであって、すべての場合に通用するわけではありません。 一度聞い…

星が合わないとき

いろいろな人の星を拝見しておりまして、まあそうなるだろうという場合は多いですが、どうも、この星はおかしいのではないかという人にぶつかります。 著名人の星などがネットに出ていますが、にせの生年月日の可能性もあります。 そういう場合には、名前か…

怪談と事象

今日はたまたま、妖怪の研究者の話を聞く機会を得ました。 コロナの時代にあったアマビエ、その他をお聞きしたのですが、学校の怪談についての言及もありました。 怪談は昔あった、田舎の話ではなくて、現代にもあるのだと。 特に学校のものは、短いけれど多…

都市間の方位

八方位の見方として、30度60度の説と、45度で均等に割る説があります。 干支九星に係わる者ならば、大概が45度説でしょう。 他方、多くの気学の人たちは、30度60度説であり、両者の大きた相違点になっています。 ということを差し引いても、まだ…

事実から学ぶ

私たちの最高の先生は、事実です。 これ以上の教えあはりません。 易的に予測を立てて、当たるかどうかを自分でやってみて、だめなら何が悪かったかを反省します。 これはちょうど、語学の勉強と似ています。 しかしこの分野の特徴は、あとからの見直しをす…

元伊勢に思う

これは干支九星とは一見関係ありませんが、どうしてもいま必要なことなので書いておこうと思います。 去年、方位がよかった関係でお伊勢様にお参りいたしました。 そしてお伊勢様にお参りするなら、元伊勢にもお参りすべきだと先生に言われておりましたので…

お客様に飲まれない

人様の話を聞いています時には、ついその人に同調してしまう占い師さんがいます。 人間としてはそちらが正しいのでしょうが、占い師としてはよくありません。 溺れている人を助けるのは、ボートか陸にいる人だけが可能なのであって、一緒に溺れて水に入って…

命の勉強

時間があるときに、四柱推命の本を読むことがあります。 この分野、専門の先生に教えてもらったことがありませんし、独学もしませんでしたので、どうして本によって違いがあるのかわからないのです。 ですが、いろいろと得ることも大きく、もっと早い段階で…

先生の本の読み方

先生の本は多数ありますが、次の世代に残していくべき宝だと思います。 これらは、干支九星に関する技術と知識を習得するには不可欠な本です。 ところが、技術と知識を習得するだけでなくて、最も大切なことは文字にされていません。 その一つが、これらを読…

社寺の立地

私たちの家は、区画がある中でいい場所を探って、そして建てられることが多いです。 しかしずっと昔、個人の土地所有の考えがなかった時代には、第一に、全体を見てよい場所に神社仏閣が建てられたのだと思います。 そう考えると、古い時代からある社寺の立…

地に足を着ける

今日聞いた話です。 何でも、今の女性は地面に足がついてないのだそうです。 料理学校の先生は、まず、しっかりと大地に立つように指導して、そこから包丁さばきなどを教えていくのだそうです。 全くもって、今まで考えられないような状況なのだそうです。 …

簡単にはいかない

鑑定にしても、暦にしても、たまにイレギュラーなことが起こります。 計算通りにしても、どうも違うようになることがあります。 そもそも計算とは、この広い大自然を、人間様が何とかして解明しようとした、一見無駄な努力の結果です。 そこに狂いが出てくる…

実例を待つ

干支九星には様々なテクニックのようなものがありますが、それをまとめてある本はありません。 すべて実例があって、それで初めて説明ができるわけです。 実例もないのに、こういう見方があります、などと勝手に話をしますと話した人が怒られます。 先生であ…

一つの生日九星の作用

生日九星の中に一つだけ、非常に計算高い性格になる星があります。 とこかく、お金になることの計算に優れた星です。 あまり親しくない人で、こういう星が仕事を持ってきたときには注意をします。 裏がある可能性があるからです。 そういう時は、試しに仕事…

世代の常識

昔と今を比べても始まりませんし、意味のないことです。 ですが、世代を超えておいでになる方には、その人に合った話をしなくてはなりません。 自分の若い頃を考えても、年配の人の常識と自分たちは全く違う、いずれ自分たちが大人になったときには、自分た…

九星の相生相剋

干支を入れない鑑定の場合には、九星での相生相剋をみていたわけです。 同会している星や、宮との相生相剋になります。 ただその範囲は限定されてしまう傾向にあります。 例えば1白でしたならば、必ず2黒などは剋になりますので、マイナスとして判断されま…

情報を選ぶ

ネットが流行りだした初期から言われていることですが、ネットは情報が過多ですので、そこから大切な情報か選ぶ能力が必要になります。 たしかにネットには重要な情報や大切な情報もありますが、逆もまた多いはずです。 特に占いは、最初が肝心ですので、お…

記録をつける

鑑定をしたいとか、鑑定士になりたいと考えていない人であっても、この学問は面白いです。 何事かが発生するのは、偶然で起こったことではないのです。 インドでもインドラの網といって、すべての事柄は関連して起きていて、偶然に起こったことはないという…

天災の予測

今年は年初から地震があり、大変な年として始まりました。 それにしても思うのが、我々が仮に地震の予測ができたとして、それをどうしたらいいのかという問題があります。 公表して外れましたでは、占術の価値を下げることになります。 当然、次回からは信じ…

一番確実な開運法

開運をするには、はやり宗教が早いです。 宗教といっても、新興宗教ではなくて、今まであった既成の仏教と神社神道とを意味します。 要するに、どうにかして突破しようとする気持ちと、それに感応していただけるものがあるかどうかです。 大概の人は、信じな…

最初に戻る

干支九星の鑑定にしても、考え方にしても、法則通りに解明するのは、そう難しいことではありません。 実際にやってみれば、多くの場合には答えが出てきます。 しかしながら難しかったり、込み入ったりしますと、答えを出すのが難しくなってきます。 そこをど…

余計なこと

吉になるには努力がいりますが、災いになるのは簡単です。 亡くなった方の骨を少し分けて欲しいともらい、それを供養している人がいます。 外国の人なら、まあ考えられないではないですが、日本の中ですぐに墓参りに行ける距離でありつつそういうことをする…

同盤の月

今月は九星と十二支が同じ盤になっています。 九星では3碧ですので、今月は世間全体が3碧の影響を受けます。 ここで事象の取り方が出てくるわけですが、3碧の事象篇を見れば、世間の九分の一がそうですので、たくさんの事柄があるわけです。 とはいえ、基…

肉親の争い

親子や夫婦、親戚などの間で、争いをしていることを見ることがあります。 それは多くの場合、お金に関係することです。 しかしながらお金に関係なく、最初から関係が悪かった人というのもあります。 それは、運命としか言えないような関係の人たちです。 そ…