干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

病院は出やすい

 方位を見て行動をする人は、どんな時にも方位を見る癖がついている人が多いようです。
 しかしそんなに、いつもいつも、方位を気にすることはできません。
 ただそんな中で、特に気を使ってよいと思うのは、病院に行く方位です。
 病院は方位の事象、十二支の事象が出やすいです。
 病気が治るかどうかは、大切なことですので、病院の方位だけはよく見ていったほうが間違いが少ないでしょう。
 突然の入院とかは仕方ありませんが、余裕があるときは、それに越したことはありません。
 入院のような場合には、なおさら考慮すべきことがらです。