干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

命を見極める

 干支九星をやっている理由の一つが、人間の本質を知りたいためです、
 それならば、易系統ではなくて、宗教をすればいいのではないかというご意見もあるでしょう。
 宗教の方が確かに可能でしょうが、眼に見える方が最初としては簡単です。
 盤を見なくてもわかるようになるのが理想ですが、まだもう少しです。
 自分の命を知り、他人の命を知ってご忠告をし、よき方向をお示しするのが仕事だと考えています。
 そもそも干支九星で命がわかるのか、という疑問もあるでしょう。
 これは、相当に深い部分までを見ることができるといわれています。
 もちろん、生時がわからなくても、相当部分まで可能です。