干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

年運を発表すること

 この時期、今年はどんな年になるのか気になる所です。
 私たち易にかかわる者は、それを知りたい人たちに対してある程度、情報を公表しなくてはなりません。
 それは年運を発表する、という形になるでしょう。
 個人の年運は、個人の問題ですので、個別に対応できます。
 しかし日本とか世界とかの話になりますと、多数の人に対するものとなります。
 多くの人の前で、今年は何が起こるかをお話するには、勇気がいるものです。
 しかし実際に公表しないと、信用を失います。
 かといって、あまりに漠然としすぎているのは、逃げと思われます。
 この辺が、易者としての価値を決める基準になるのでしょう。