干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

科学の進歩とは違う

 私たちのやっている、いわゆる占いの世界というのは、科学とは違います。
 科学だとしますと、先人の到達した地点を出発点として、更に発達していくことができます。しかし占いは、そうではありません。
 まず、その到達点が、客観的な数字とかではなくて、救われた人の実体験と感想でしか知ることができないからです。
 そもそもその事情を知る先生に出会わなければ、その到達点を知ることさえできないことが多いです。
 さらにその先生が、すべてを教えてくれるかどうかという問題もあります。
 特に東洋の占いが遅れているのは、以上のような理由を内在させているからだと思います。