干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

二種類の易者

 私たちには信念があります。
 それぞれ、易であろうと、四柱推命であろうと、人相であろうと、すべて他人をよくしようという気持ちが根底にあるはずであるという信念です。
 様々な分野でご活躍されている易者さん、占い師さん、それぞれ違いますが、どんなルートをたどろうと、最後は人様のためになることをしているという信念です。
 それがないならば、すでに易者ではなく、どんな占術であっても、「売卜者」と呼ばれるべき人です。
 そういう易者さんに当たってしまった人は不幸です。
 腕のいい売卜者よりも、未熟な易者に当たった人の方が、最後の勝利者となります。