干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

話題に出るということ

 話の中で、話題にするというのは、タイミングとかいろいろあって、難しいこともあります。
 気心知れている人だとしても、すっとその話が出なかったり、忘れてしまったりすることまあります。
 そう考えると、干支九星の鑑定盤を立てる契機となる、話題に出るということは、大変なことです。
 かといって、易者自ら話題を出すことはありません。その段階で、鑑定盤には適さないことになるからです。
 占機というのは、確かに占うのに適した時間であるということが感じられます。