干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

四正と四隅

 九星盤、というより八卦の盤は、中心から八方位に分けてあります。
 中国思想では、この八方位が使われていますが、現在では360度で方位を分けるのが一般的です。
 その360度を単純で八で割りますと45度ですが、12で割って30度とし、その12支がいくつあるかによって、四正を30度、四隅を60度とする場合もあります。
 干支九星においては、45度説をとりますが、その発想は30度60度説にも共通するものがあります。
 すなわち、四正と四隅というのは、そもそも論において、扱いが違うということです。
 簡単に、方位をわけてあるとだけを示しているのではありません。