干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

干支九星は知られていない

 同じ九星を使うのでも、気学というのはよく知られています。
 干支という言葉にしても、今年は子年として知られています。
 しかしその二つがくっついて、干支九星という名前になっているというのを、ほとんどの人は知らないでしょう。
 ですから、タロットカードで占いをしてもらう、というのは理解できても、干支九星で占いをしてもらうという発想はなかなかないでしょう。
 そういう点では、私たちの努力が少ないということを意味しているのですが、それにしても、圧倒的に知っている人が少ないのは事実です。
 そもそも気学にしても、方位術として使用される方は多いですが、鑑定のアイテムとして考える人はそう多くありません。
 干支九星というのは、鑑定にしても方位にしても、高度な精度を誇っていることが、私たちの誇りなのです。