干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

事務所の方位

 人間の引っ越しの場合には、その住人がどう影響されるかをみますので、それほど難しくはありません。
 それに対して、事務所や自営の方の職場を移転するときに、どうもその方角を忘れがちです。
 事務所が移るのですから、事務所の命にとっての方位を考えますが、これはあってないようなものです。
 そこで借主の本命が移転すると考えたいと思っています。
 ですから主人の命からみて、よい方角でるべきです。
 そして人間の引っ越しと同じように、九星だけでなく、十二支も考慮すべきです。
 この時期だからこそ、よい方角を使って生き抜いて参りましょう。