干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

次の元号

 次の元号が明日発表されるようです。
 どんな元号になるのでしょうか。
 平成には、大きな災害が多く起きましたので、それを乗り越えるような、明るい元号になることを望みます。
 毎日目にするものは、人間に必ず影響するものだと思います。
 日本の古典から採られるのでは、という噂もお聞きします。
 易が中国発生で日本化したように、それもありえる話だと思います。