干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

相性がいいと仲がいい

 男女の星を拝見いたしますと、どうして夫婦になったのか、という星もあります。
 半面、よくこの相手を見つけたなというカップルもいます。
 そしてこのよい方の相性でも、勘違いをしている人が多いのです。
 仲がいいカップルというのと、相性がいいというのは違います。
 仲がいいというのは、喧嘩をしないとか、同じ空間にいて苦ではないとか、という意味でしょう。
 しかし相性がいいというのは、その相手を得たことによって、一生懸命働くようになって、そして運を開いていくような場合をいいます。
 お互いが刺激しあって、マイナスを補い、向上していく関係をいいます。
 その辺を間違わないようにお願いします。