干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

干支九星の重要視する箇所

 干支九星で鑑定をする場合、年月日時の盤を使用します。
 その時に重要視するのが、日時の盤です。
 当然年月も使用するのですが、最後の「キメ」の時に絶対に必要になります。
 そもそも、古来の鑑定法であった、初免法というのはこの四つを自在に操ってみるものです。
 それが中免法になり、最終的に奥免法になりました。
 奥免法になりますと、日盤のみで鑑定をいたします。
 そしてすべてで同じ答えになるという、何とも不可思議微妙な鑑定術です。