干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

神ありの盤

 鑑定盤を立てて、ここには神があると神がないとか、望月先生は話されておりました。
 易はすべてにおいて、神に対して盤を立てているのですから、神があるのはわかりますが、神がない盤というのはどういうことなのでしょうか。
 神というのものが、易や干支九星にどうかかわってくるのでしょうか。
 干支九星はそういう意味では宗教なのでしょうか。
 宗教心がなくても、干支九星は鑑定ができるものなのでしょうか。
 いろいろな疑問がわいてまいります。一体その結論をどうしたらいいでしょうか。
 お客さんがよくなるのには、どうしたらいいでしょうか。