干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

干支九星に宗教を入れる

 干支九星術は、非常に汎用性があって、応用が利きます。
 それは出てくる事象については、特にその要素が強くあり、また吉凶も同様に知ることができます。
 さて、しかし人間にしても何にしても、出てきたのは「結果としても」事象です。
 その結果がどのようにして出てきたのか、は別の問題となります。
 特に災いについては、ふたつの考え方があります。
 一つは、災いが外から来るという考え方であり、もう一つは災いは中から来るという考え方です。
 この辺を掘り下げてまいりますと、さらに干支九星は厚みのあるものとなると思います。