干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

危険な話とそうでない話

 よく先生はこの世界を「危険な仕事」と話されていました。
 それは私たちのではなくて、先生がなさる仕事だからこそ、そう表現されたことは理解できます。
 講義で話されておられますときも、危険な話をするときには、時々話を止められておられました。
 そういうお姿を拝見した自分も、最初講習会を始めますときに考えました。
 先生が危険な思いをされて話されたことを、自分がそのまま話していいのかどうか。
 一度話されたのだから、二度目の人にへ影響はでないのか。
 そこで易神にご神意をお尋ねしました。
 そうしましたら、自分で内容を確認したものなら問題がない、確認しなくて話をしたら咎めを受けるというものでした。
 今もそれは、厳格に守っています。