干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

再実行の注意点

 開運していただくために、これをしてくださいというお話をして、うまくいくと、同じことを再度なさろうとする人がいます。
 しかしそれは、易者が判断してよいと思った場合にみにあてはまるのであって、すべての場合に通用するわけではありません。
 一度聞いているから、再度聞かなくていいというのも正しい判断ではありません。
  それこそ易神が動いておりません。
 特におまじない系統の場合には、細心に注意が必要です。
 下手をすると、その人の徳分をなくしてしまう可能性もあるからです。
 そういう場合には、強くお止めすることになります。
 高い所からみておかないと、お客さんだけでなく、こちらも不幸になります。