干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

命の勉強

 時間があるときに、四柱推命の本を読むことがあります。
 この分野、専門の先生に教えてもらったことがありませんし、独学もしませんでしたので、どうして本によって違いがあるのかわからないのです。
 ですが、いろいろと得ることも大きく、もっと早い段階で勉強していたらはまったかもしれないとも感じました。
 現在は、ゆえあって通変星のみの勉強はしています。
 紫微斗数も数十年前に勉強していました。
 これはこれで、熱狂するほどやった記憶があります。
 ただ秘伝の壁と、生時の問題があって放棄しました。
 干支九星の命の見方は、自由自在であるがゆえに面白いです。
 しかしこれも、体系だった本がないのと、先生がすべてを教えていただいたわけでないので、自分で学び続けなくてはなりません。
 宿題は多いです。