干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

徳を積む機会

 人間誰しも、自分が幸運であることを望むものですが、それと同時に、家族の幸運も望むものです。
 御一人住まいの人は別ですが、親であったり、兄弟や配偶者、子孫の幸運を望みます。
 特に子孫の繁栄のためには、お金ではなくて、徳として子孫に残してあげるのがよろしいと思います。
 しかしなかなか徳を積むといっても、できないと思われる方も多いでしょう。
 そういう方は、意識的に徳を積める機会がないかを探しますと、結構あるものです。
 それは勤労的な奉仕も含みます。