干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

口を出してはいけない

 易者さんには、いくつかの決まりがあります。
 その中の一つが、聞かれない限り、答えないということです。
 こちらからおせっかいで、何ごとかを話してはいけません。
 それは、その人にとってプラスにはならないからです。
 もちろん、絶対に言ってあげた方がいいという場合には、聞かれなくても話かけることもあります。
 聞かれない時に、答えてはいけない理由の一つが、その状況が、過去の業の解消になっている場合があるからです。
 それを妨げてしまうこともありますので、必要以上に話をすることあありません。