干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

生き物は知らせる

 方位の事象をとるときに、気が付かないこともあるものです。
 たとえば、日常生活の中で使っている道を通るときなど、なかなか変化に気が付きません。
 気が付く場合には、よろしいですが、小さな変化は見落としがちです。
 その点、生き物が出てくる場合には、変化が大きいですのでよくわかります。
 その動物をよく観察して、事象をとります。
 なぜ生き物がそういうふうに教えるのか。
 生き物はさせられているだけであって、方位がそういうことを示すのであろうと思います。
 マカ不思議としか言いようがありません。