干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

絶えず反省

 人様のお話を伺っておりますと、つい人間心で答えたくなります。
 それは、私たちが一番やってはいけないことです。
 そのワナにはまってしまいますと、結局は相手様のためにもなりません。
 その上、相手様から受け取るものが、よくないものであることがわからなくなってしまいます。
 鈍化してしまって、災いを災いと感じられなくなるのです。
 ですから、人様のお話を聞く人間は、絶えず自分を反省して、災いに取り込まれていないかを注視する必要があります。
 これができない人には、占いは向いていません。