干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

年筮を検証する

 冬至易といいますが、冬至を過ぎても、一年の運気を占うのも結構だと存じます。
 その年筮は、毎年立てる習慣を付けますと、去年のものが残っています。
 それを実際の生活と比べて、どうであったか検証するのは大切なことです。
 健康であるとか、家族のことであるとか、それぞれが見た結果がどうかを知るのは、最高の勉強になります。
 またときどき、年筮を見るのが怖いという人もいます。
 しかし筮は、力強い未来を志向するものですから、宿命論的にこうなるというものではありません。
 その中から、どういう智慧を使うのがいいのかを考えることが、筮を作った方の志に沿うものだと存じます。
 また年筮に出ていない事象が出た場合には、心得違いがなかったかを反省することにもなります。