干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

日本独自の五行

 五行思想は、中国でできましたので五行の基本的な意味は中国思想に由来します。
 昔から和魂漢才というように、日本人は中国的な学問をよりどころにしてきました。
 ですから、本来、すべて五行でもって説明できるように、努力してまいりました。
 しかし難しい問題が出てきました。それが五十音です。
 そもそも五十音は、どんないきさつがあったにしても、発生はインドです。
 ではインドの発音と五十音が全く同じかというと、そうでもありません。
 中国に入ったインドの言葉を、中国人が工夫をして理解しようとしていた事実はありますが、それを五行とうい中国思想にまで落とし込んだのでしょう。
 そう考えると、つじつまが合うように思えます。
 しかし当然ですが、細かい箇所では日本人の努力もあったように思えます。