干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

予想もしないこと

 運を取ろうとするときには、まずその月の様子を見ます。
 そのときに注意するのが、三合です。
 この三合がうまく使えますと、運が取れます。
 子年でしたら、辰と申月などがその例です。
 三合とその人の星との関係が重要になります。
 しかし今月、子年の丑月も使い方では、おもしろいことがあります。
 今日なども、予想もしない事象が出てまいりました。
 お恥ずかしながら、はじめてのことでした。