干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

郭氏元経はヒントとして

 私たちのしている干支九星は、主として、郭氏元経に基づいております。
 ほとんどが、方位を使うときのもので、鑑定盤はありません。
 鑑定盤はまた別に、ずっと後の時代に始まったものらしいです。
 さらに、流年法も、まだ百年以内のものです。
 ですから鑑定盤のことや、流年法を読むときに使うことはありません。
 が、ヒントとしては十分に宝庫とされます。
 どちらにしても、これだけ外国である日本に影響する本というのは、珍しいものです。