干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

お客様に自分を見る

 鑑定をさせていただいていて、自分と同じような考えの人と会うことがあります。
 客観的にみて、それは間違った考えということがあります。
 自分でもあやふやでしたが、実際に自分で吉凶を判断するに、凶なのですから、ある意味で、自分の考えが訂正されて、一歩前に進みました。
 これは勉強会にも言えておりまして、自分の考えや星に近い考えを持つ人の意見を聞いて、それはおかしいと思い、自分の発想を変えることができます。
 なぜこいいうことが起きるのか、人生を修行と捉えるならば、修行できて進歩します。
 そういう意味で、意義あることだし、真剣に向き合っていることの証も一つと感謝しております。