干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

欲望と道理

 人間の欲には際限がないといいます。
 そうだとしても、欲がないと生きていけません。
 ではどこまでが許される欲で、どこまでが許されないのか。
 突然大きな福が呼び込まれるような例外は別として、普通の場合ですと、人間の常識の範囲で許されるでしょう。
 人間世界で、それは求めすぎというようなことを望むのは、これは欲望というより強欲とか暴欲になります。
 事象でいえば5黄や8白となります。
 ということは、自分が呼び込む欲が、自分を不幸にする元になります。