干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

文字文化

 干支九星術の元は、言うまでもなく中国からです。
 その思想が入ってきたときには、漢字で入ってきており、現在でも私たちは辞書を片手に本文を読むことができます。
 思想というのは、その言葉とともに入って参ります。
 ですからどうしても、漢字文化圏に生活する人間は、中国が気になります。
 その思想が日本に入ってきて、相当な変化を遂げていることは、皆さんがご存じのことです。
 ですからもう中国の原典は、気にしなくてはいいのではないかと考えがちです。
 しかい、元に中国語に当たることが、どうしても必要になります。
 その時に必要なのが、言うまでもなく漢字であり、この漢字の勉強も、本当は必要なのかもしれません。
 そして、漢字を見ておりますと、干支九星についても今までにない世界が広がります。