干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

ひとつひとつのみ

 神業のような鑑定をされる方でしたら、理屈なく答えが出るのでしょうが、そうでない場合には、はやりひとつひとつ丁寧に学ばなくてはなりません。
 何の星がどこにあるから、どういう事象だということや、その人がどこにいるからどういう意味だとか、基本をしっかり見なくてはなりません。
 それでなるべき外さないようにレベルを高め、更にカンを磨いて、上手な鑑定を目指すべきであろうと思います。
 そうなってきますと、理屈で説明できず、言葉にできないということでしょう。
 そしてやはり問題になるのは事象であり、これは避けて通れません。
 これこそひとつひとつの連想が必要で、平素から想像する訓練が必要です。