干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

空のことが多い理由

 数日前に、仙台あたりで、気球のようなものが話題になっていました。
 また、平行なる虹がでたという話題もありました。
 そもそも太陽に暈がかかった、という話題もありました。
 このように、空に関する事象が多いです。
 もちろん、コロナの件とか、それ以外も多いのですが、貴重な情報です。
 ではその根拠は何か。
 一つの考え方が、十二支です。
 子年に午月ですから、対応するものすべて、逆となります。だから空のことの話が多いのです。