干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

日付ぎりぎりの不安

 人様の誕生日を拝見しますに、星が合わないことがあります。
 もしかして地方時を入れてないのではないか、夜中の日付遅くであって、翌日の星としなくてはならないのではないか、などと考えます。
 細かい計算には絶対必要な確認作業ですが、年月盤のみを使うと考えるならば、その不安は解消されます。
 年月盤だけで、相当高い確率を出せるという、干支九星には素晴らしい特質があります。
 そして実際、年月しかわからない場合もままあります。
 家の定礎とか、建墓の日付とか、それでも何とかしなくれはならない場合も多いものです。