干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

十二月節になり

 十二月になりましたので、先月までのような、きりきりとするような、また不安定な心持はなくなるでしょう。
 実際に、多くのことがらで答えが出ました。
 逆に明確になった問題点も、見出される場合がありました。
 その流れはもちろん受け継ぐのですが、今月は、少しは楽になりそうです。
 また亥年の子月ですから、並ぶ十二支になります。
 この星や、各宮の回座星を使って開運できる方は、開運してください。
 ただ注意すべきなのは、今月から陽遁になることです。
 今月なるべき気を落ち着かせて、来月の災いに備えるべき人も多いかもしれません。