干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

暦の大混乱

 明日から日盤九星に、二種類のものが存在し始めます。混乱の開始です。
 そもそも九星には閏があるのですが、別なイレギュラーな閏が発生することがあります。
 今まで市販の万年暦は、前回のイレギュラーな閏、即ち大正五年の分は採用されていたのですが、今回令和元年冬のイレギュラーな閏は採用されていないのです。
 この混乱は半年は続きます。
 そして次の平常の閏である令和13年の夏からは、閏を立てる時期が逆になりますので大混乱となってしまいます。
 望月先生は、今回令和元年冬のイレギュラーな閏を採用するお立場でした(『干支九星万年暦』望月治編、東洋書院、昭和61年)。
 現在、同じような立場を取られている暦も出版されております(『精解吉象万年暦』東海林秀樹監修、東洋書院、2019)。
 大正五年から起算したイレギュラーな暦が今まで間違いがありませんでしたので、おそらく、今年冬の閏を置く立場に軍配があがるとは思いますが、明日から実例を積み重ね、特に今年の冬至を過ぎるまでは、断言できないし油断ができません。
 易者泣かせであると同時に、市販暦を使用する方々が誤らないか心配でもあります。