干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

亥の重なり

 今月は、亥年の亥月に当ります。
 亥の日の亥の刻になりますと、四つの亥が並びます。
 亥は十二支の最後にあたりますので、今月は新旧交代の話をよく聞きます。
 11月節に亥の日は、あと二回あります。
 その日に何をすべきなのか。そして何が起きるのか。
 恐ろしさと、淡い期待とがまじりあったような日になるのではないでしょうか。
 平和な世界を望みます。