干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

因縁の強弱

 私たちは、その人の生年月日によって、いわゆる因縁と呼ばれる悪い要素を見出します。
 それによって、どの点を強め、あるいは弱めるべきかを判断していきます。
 ただその因縁というのにも階層があります。
 強いものから弱いものまであるのです。
 人間は簡単な構造ではありませんので、そういう多くの要素を持っており、その多くの要素を見出し得るのが干支九星術です。
 浅い因縁は、社会的に表面化する場合が多いのに対して、深い因縁はなかなか表に出ません。
 人間の本質は家庭にあり、個人にあり、なかなかそういうものは表面化しないからです。