干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

うまく易をはめ込む

 干支九星の鑑定では、どちらがいいかが、わからないではないですが、弱い面があります。
 人にかかわる時にはいいですが、事象だけの場合も同様です。
 そういう時には、易をうまくあてますとよろしいです。
 一刻二時間の間では細かい面が見られないこともあります。
 うまく利用しながら、判断を進めたいです。