干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

易が立てられない

 干支九星は別にしまして、易を立てるには筮竹やらさいころやらが必要です。
 しかし易を立てられない状況にある場合があります。
 その時には易が立てられません。
 梅花心易も立てられるでしょうが、じっくり見たい場合には、はやり道具を使いたい。
 そういう意味で、易を立てられない状況になるときには、何か意味ある場合があります。
 今日は、まざまざと知らされました。
 悪い意味だけではありません。よい意味を持つ場合もあります。