干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

同盤が難しい

 二つの盤を並べて、同じ星になる場合があります。
 その時にはどうしたらいいのか、という問題があります。
 同盤だから、作用が強くなるので、使うできであるという考えもあります。
 計算が簡単だから、この時を逃してはいけないという人もいます。
 干支九星では、何のための同盤なのかによって、違う盤を使います。
 いわゆる裏盤というやつですね。
 これを無視しますと、逆作用になってしまい、福がいただけない、という不平になります。