干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

最初は受け止めから

 悪いことを言われるといやだ、だから鑑定を受けたくない、という人がいます。
 しかしながら、悪いことでないこともあるし、悪いことが仮にあったとして、それを直視しないと改善の方向にはいけないわけです。
 脅しのように悪いことを言うのは論外ですが、まずは受け止め、そこからよい方向に向かうことが必要です。
 人によっては、時間がかかることもあると思いますが、まずは受け止めから始まります。