干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門堂(月恩会)参照のこと。

三才と干支九星

 九星と干支九星との違いを簡単に説明する方法がないか、と考えたのですが、一番簡単な説明があります。
 三才のことです。
 天地人を中国では三才といいますが、そのうち天は干支の十干、地は十二支、そして人が九星に相当します。
 ですから、九星は三才のうちの人のみを使用しているのであり、干支九星は三才すべてを使用しているということです。
 簡単なことは、人間生活を営む私たちにとっては、九星だけでわかりますが、本当に「きめ細やかに」開運をするのでしたら干支九星が必要になります。
 九星だけでも、相当な開運をされている方もおられるでしょうが、干支九星になりますと、九星でわからない凶方位を知ることができるうえ、深い開運にも導くことができるのです。