干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

風上にもおけない

 ひどい占い師さんのお話をお聞きしました。
 最初に鑑定に行ったときに、あなたの寿命はこの年かこの年ですね、と言われたというのです。
 唖然といたしました。
 自分の勉強とか、影響のない人のためでしたら、研究も必要でしょう。
 しかし鑑定のお客さんに、頭から言ったというのです。
 言われたご本人は相当に悩んでしまっています。
 その年になったらどうなるのか、と不安で仕方ないのです。
 そういう占い師の話しですから、決して当たるとは思いませんが、仮に当たりそうだとしても、どのようにしてそれを避けるべきなのか、避けられるのか、を話すべきです。
 もし避けられないなら、あるいは避ける方法を知らないならば、言ってはいけないことだと思います。
 人心を惑わした罪は大きいです。