干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

知識で人は救えない

 占いを勉強されている方を拝見しておりますと、いくつかのタイプに分かれるようです。
 何となく興味があるからといって、最初に干支九星を勉強される方は幸運です。別の方法に頭が固定化されていないからです。
 他の教室で勉強されてこられている方もおられますが、そこで問題なのは、前の教室が知識を与える場所だったのか、実際例を中心にした教室だったのかということです。
 概して、知識だけを教えるという教室に通っていた方は、干支九星の授業がわからないようです。
 きちっとした体系もなく、ただ実例だけを授業でしていて、さっぱりわからないという方もおいでです。
 では知識だけを詰め込んで、よく見かけるような、口先三寸でしったかぶりをした占い師を占い師と思っている人が一番難しいです。
 本当の占いというのを見たことがないために、教科書に書いてあることを話せば、人が救えると思っている人です。そしてそういう易者さんも最近は多いのだそうです。
 知識で人は救えません。実践を何度も積み重ねることによって、身につけていくものです。