干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

基礎は大切だが

 占いは秘伝はなくて、基礎が大切というのが、師の言葉でした。その言葉はそのまま受け入れてやってきています。
 では基礎とは何か。基礎だけやっている人がどうして人を導けないのか。いろいろな疑問が出てきます。
 自分の考えでは、基礎があって、その基礎を応用してそして答えを出していくということだと思うのです。ですからその応用の箇所において、発見できるかできないかということがあるのだと思います。
 そのためには、実際鑑定を積み重ねて、実占の裏付けがなければ答えが出ないのだと思います。
 口先だけで、基礎は大切と言っている人がいるならば、それは悟った人か、口先だけの人のどちからです。実占に当たったときに、応用のない基礎などありえないのです。