干支九星術のお話

望月治先生の広められた干支九星のあれこれを、沙門慶仁がお話しいたします。干支九星術 沙門室(月恩会)参照のこと。

占い師に必要なもの

 占いをしていますと、人さまの災いを受けます。
 もらってだけたのでは体がもちません。

 その禍を切って、常に清々しい気持ちでいるにはどうしたらいいか。その人それぞれにあると思います。
 そのうちの一つが行です。行をすることによって、禍を祓うということです。あるいは禍を祓う力をつけるのです。

 ですから修行僧が易をしていたこともありました。
 何かすべて通じています。